映画に感謝を捧ぐ! 「ザ・ヒトラーズ ヒトラー家の人々」 

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はガイ・クリスチャンセン&ウォルフガング・ツラル監督の

 「ザ・ヒトラーズ ヒトラー家の人々」に感謝を捧げようと思います。


ザ・ヒトラー ヒトラー家の人々 [DVD]
アイ・ヴィ・シー
2007-07-27
ハンス・ペーター・シュトレア

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト



 ナチス党の党首「アドルフ・ヒトラー」と
 
 彼の家族について記録した本作は

 連合軍とは異なる目線でA・ヒトラーの

 生き様に迫る記録映像であります。

 A・ヒトラーの血縁者、政治&軍事とは縁の薄い側近達

 ナチス・ドイツの占領地で暮らす人々の証言&運命をもとにして

 彼が20世紀最大級の独裁者となった過程と

 周辺人物に与えた影響を写し出そうという試みは

 私に「環境と人生の関係」・「歴史の無常さ」

 「偉大な指導者を演じる人間の孤独&狂気」に関する

 一考察を目の当たりにする機会をもたらしました。

 (A・ヒトラーの兄弟姉妹の「戦後」を通じて

 第2次大戦後のヨーロッパ&ロシア事情の一端を

 記録した作品であるという点も見逃せません。)

 まさに「ドイツ流A・ヒトラー入門」の一翼を担う

 作品であると言えるでしょう。

 善悪の二元論、残酷性の強調、政治的思惑に溺れず

 冷静且つ多角的な目線でA・ヒトラーについて語ることに挑んだ本作と 

 生きて映画を見ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック