映画に感謝を捧ぐ! 「タイムトラベラー(2017年版)」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はディエゴ・ハリヴィス監督の「タイムトラベラー(2017年版)」に
 
 感謝を捧げようと思います。


タイムトラベラー [DVD]
アルバトロス
2018-09-05

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト



 夫を失った科学者「ヘレン」と彼女を取り巻く人々の

 運命を描いた本作は

 素朴にして複雑怪奇なSF映画であります。

 時間旅行系SFと巻き込まれサスペンスを融合させた後

 謎めいた映像表現を多用することによって

 難解化していくストーリー&演出は

 私に「単純な物語を複雑に描写する」事によって生じる混沌と

 「タイムマシンと運命の関係に関する考察」の一形態を

 目の当たりにする機会をもたらしました。

 (淡々と処理される「悪漢の最期」と

 タイムマシンの効能を否定するかのような幕切れを通じて

 「今を全力で生きる」ことの大切さを説く

 作品であるという点も見逃せません。)

 まさに「映像迷宮型SF映画」の一翼を担う

 軽量級作品であると言えるでしょう。

 「タイムマシン&運命」に対する複雑な思い、美術館的CG映像

 巻き込まれ映画&仇討ち映画の王道が

 一堂に会することによって生を受けた本作と

 生きて映画を見ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック