映画に感謝を捧ぐ! 「パスポートtoパリ」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はアラン・メッター監督の「パスポートtoパリ」に

 感謝を捧げようと思います。


パスポート to パリ [DVD]
ワーナー・ホーム・ビデオ
2005-01-21
アシュレー・オルセン メアリー=ケイト・オルセン

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト



 パリを訪れた双子姉妹の運命を描いた本作は

 アイドル映画&観光旅行映画の味わいを体現する作品であります。

 パリの持つ「観光名所風味」、異文化交流劇&青春映画の法則

 米ドラマ「フルハウス」で名を成したM&Aオルセン姉妹の魅力を

 融合させたストーリー&演出が軽やかに進行する光景は

 私に「人種のるつぼ」アメリカならではの映画作りと

 映画の持つ「異世界旅行感覚」の一形態を

 目の当たりにする機会をもたらしました。

 (ドキュメンタリー&ホームビデオ感覚溢れる

 エンドロールとなっている点も見逃せません。)

 まさに「冒険型恋愛喜劇」の一翼を担う作品であると言えるでしょう。

 子供映画+青春映画技法に基づく映像&音楽と

 異国情緒溢れる脇役陣によって

 優等生的&スター主義的なストーリーが光り輝く本作と

 生きて映画を見ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック