映画に感謝を捧ぐ! 「パープル・レイン」 

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はアルバート・マグノーリー監督の「パープル・レイン」に

 感謝を捧げようと思います。


プリンス/パープル・レイン [DVD]
ワーナー・ホーム・ビデオ
2013-11-06

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト



 歌手「キッド」と彼を取り巻く人々の運命を描いた本作は

 1983年の映画「フラッシュダンス」の流れを汲みつつ

 アーティスト・ファン向けサービス精神を強化することによって

 生を受けた音楽映画であります。

 主演男優「プリンス」と仲間たちによる挿入歌の合間に

 アーティスト系サクセス・ストーリーの王道に即した

 エピソードを挿入するという手法に即した

 ストーリー&演出は

 私に「ライブ技法と映画的表現法の共同戦線」と

 「キャラクター商品的映画作り」の一形態を

 目の当たりにする機会をもたらしました。

 (ショー・タイム的クライマックスを維持しながら幕切れを迎えられるよう

 配慮されている点も見逃せません。)
 
 まさに「ライブ系音楽映画」の雄と呼ぶにふさわしい

 作品であると言えるでしょう。

 アイドル映画的サービス精神とMTV技法の究極形態を

 目指して猛進する姿に心打たれる本作と

 生きて映画を観ることのできる幸せに深い感謝を!!!。 

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック