映画に感謝を捧ぐ! 「82ミニッツ」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はジャスティン・マコーネル監督の「82ミニッツ」に

 感謝を捧げようと思います。


82ミニッツ [DVD]
ギャガ
2018-06-02

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト



 男女3人の奇妙な一夜を描いた本作は

 実験精神と幻惑性に彩られた珍作であります。

 状況設明を極限まで抑制し

 主人公&ヒロインの行動を

 記録映像風に追っていく演出法と

 状況に応じて視点を変えながら

 主要人物全員の運命を繋いでいくストーリーが

 融合する事によって生じる科学反応は

 私に「サスペンスと愛憎劇の近似性」と

 「ドキュメンタリー技法を駆使したハッタリ戦術」の一形態を

 目の当たりにする機会をもたらしました。

 (憎しみ&哀しみの果てに訪れる「平和的&倫理的決着」に

 心癒される幕切れとなっている点も見逃せません。)

 まさに「ホームビデオ型愛憎劇」の一翼を担う

 作品であると言えるでしょう。

 映画「真昼の決闘」、米ドラマ「24」の流れを汲む

 視点&時間認識と

 陰性青春映画の香りが交錯する本作と

 生きて映画を観る事のできる幸せに深い感謝を!!!。
 
 

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック