映画に感謝を捧ぐ! 「上には上がある」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はウィリアム・ハンナ&ジョセフ・バーベラ監督の

 「上には上がある」に感謝を捧げようと思います。


トムとジェリー 上には上がある 8話収録 AAS-001N [DVD]
エー・アール・シー株式会社
2014-12-05

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト



 ハンナ&バーベラによるアニメーション映画シリーズ

 「トムとジェリー」の1作目となる本作は

 活劇的着想とサイレント的ユーモアが光るアニメーション映画であります。

 過酷な生存競争の一つとして位置づけられる「猫と鼠の対決」を

 アクション的動作・コメディ的和み
 
 サスペンス的心理戦を融合した手法で描くという試みは

 私に「物理的に不利な状況を知略&地形効果で補う」爽快感

 「サディズムの伝染」・「動物的本能と人間社会のせめぎ合い」

 「活劇と喜劇、知識と奇想天外性の共同戦線」の

 一形態を目の当たりにする機会をもたらしました。

 (作品に潜む「メッセージ」を的確且つユーモラスに表現した邦題と

 本作唯一の人間「お手伝いさん」を通じて

 国際社会に対する無意識の皮肉を放っている点も見逃せません。)

 まさに「アクション・コメディ系動物映画」の雄と呼ぶにふさわしい

 作品であると言えるでしょう。

 米国アニメ界に輝く名コンビ「トム&ジェリー」による神話の

 幕開けを告げる本作と

 生きて映画を見ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック