映画に感謝を捧ぐ! 「ロスト・フューチャー 10000デイズ・アフター」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はエリック・スモール監督の

 「ロスト・フューチャー 10000デイズ・アフター」に

 感謝を捧げようと思います。


ロスト・フューチャー 10,000デイズ・アフター [DVD]
アルバトロス
2014-12-03

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ロスト・フューチャー 10,000デイズ・アフター [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



 氷河期と化した地球で暮らす人々の運命を描いた本作は

 SF映画史上屈指の「奇妙な異文化交流」を見せてくれる

 作品であります。

 災害系SFと西部劇を組み合わせたかのような

 ストーリー&キャラクター

 肉体&剣劇とスローモーションへの執着に溢れた戦闘描写

 冬山登山気分&軽量感満載のCG映像が一体となる光景は

 私に「西部劇文化の名残」の一端と
 
 「SF的発想と抗争劇的発想のせめぎ合い」の一形態を

 目の当たりにする機会をもたらしました。

 (軽量級映画的便乗精神を余すところなく発揮した邦題と

 主人公一行の活躍とは無関係に世界が救われ

 残された問題要素を「ハッピー・エンド的表現」で隠蔽する

 肩すかし的幕切れが

 自然の雄大さと人間の小ささを体現している点も見逃せません。)

 まさに「氷河期&サバイバルごっこ系SF」の一翼を担う

 大珍作であると言えるでしょう。

 地球全体が氷に閉ざされ

 ホームドラマ的緩やかさ、冒険活劇風味

 アメリカ製災害系SF&技巧的映像表現への皮肉が混ざり合った本作と

 生きて映画を観ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック