映画に感謝を捧ぐ! 「捕らわれた唇」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はアズセナ・ロドリゲス監督の「捕らわれた唇」に

 感謝を捧げようと思います。


捕らわれた唇 [DVD]
タキ・コーポレーション
2004-01-23

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト



 1974年のマドリッドで政治犯として逮捕された女性たちの

 運命を描いた本作は

 陽気さと非情さが絡み合う刑務所映画であります。

 日常劇的人間模様、逃亡劇のスリル&サスペンス

 政治劇の苦味、青春映画的映像&音楽技法が一堂に会し

 互いの持ち味を生かし合うことによって生成された

 ストーリー&演出は

 私に「スペインの歴史&娯楽文化」・「ユーモアと恐怖&哀しみを結ぶ絆」

 「閉鎖空間における人間心理」の一端を
 
 目の当たりにする機会をもたらしました。

 (ポルノ映画風味を匂わせることによって鑑賞者を誘う」

 華のような気配を感じさせる邦題と

 ハッピー・エンドに属しつつも渋味の利いた

 幕切れとなっている点も見逃せません。)

 まさに「女系刑務所映画」の一翼を担う

 作品であると言えるでしょう。

 主演女優P・クルスをアイドル映画的に描写しつつ

 1970年代のスペインを覆う「ファシズム」の恐怖を

 世に示すという難題に挑んだ本作と

 生きて映画を観ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック