映画に感謝を捧ぐ! 「十字路の夜」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はジャン・ルノワール監督の「十字路の夜」に

 感謝を捧げようと思います。


十字路の夜 [DVD]
ブロードウェイ
2016-08-03

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト



 ジョルジュ・シムノンの小説「メグレと深夜の十字路」を

 もとにして作られた本作は

 渋い人間力に溢れたサスペンス映画であります。

 暴力、悪意、胡散臭さに包まれながらも

 クールに進行するストーリー

 探偵小説の香り漂うキャラクター造形&キャスト陣

 映像的インパクトよりも技巧的見せ方に

 重きを置いた演出が一体となる光景は

 私に「人間模様重視のサスペンス」と

 「上品さと凶悪性が共存する世界」の醍醐味を

 目の当たりにする機会をもたらしました。

 (謎解き&勧善懲悪の爽快感よりも

 奔放すぎる女性に翻弄される男の悲哀が

 印象的な幕切れとなっている点も見逃せません。)

 まさに「人間力重視系サスペンス」の一翼を担う

 作品であると言えるでしょう。

 探偵小説風味と映画風味&芸術家一族ルノワール兄弟による

 華麗なる共同戦線を堪能させてくれる本作と

 生きて映画を観ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック