映画に感謝を捧ぐ! 「激突!電撃戦車戦Ⅲ 極寒のスターリングラード」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回は「激突!電撃戦車戦Ⅲ 極寒のスターリングラード」に

 感謝を捧げようと思います。

<
第2次世界大戦12 激突!電撃戦車戦III [DVD]
PSG
2008-07-25
趣味

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト



 第2次大戦に関する記録映像シリーズ「激突!電撃戦車戦」の

 3作目となる本作は

 第2次大戦の転換期にマニア的且つクールな目線で迫る

 記録映像であります。

 シリーズの特性「戦車マニア気質」を最大限に発揮しつつ

 ソビエト(現在のロシア)が持つ地形効果&防御力

 軍事テクノロジーの法則

 過度の戦線拡大がもたらした悲劇を写し出していく光景は

 私に「戦車マニア的スケール感」の拡大化と

 「善悪の二元論」に囚われない戦争ドキュメンタリーの一形態を

 目の当たりにする機会をもたらしました。

 (連合軍礼賛を前面に出しつつも

 謙虚な幕切れとなっている点も見逃せません。)

 まさに「軍事テクノロジー戦術論」の一翼を担う

 作品であると言えるでしょう。

 過酷な状況を戦い抜く軍人&戦車の苦闘を

 マニア魂を最大限に発揮して描いていく営みの

 転換期を感じさせる本作と

 生きて映画を見ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック