映画に感謝を捧ぐ! 「デデという娼婦」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はイヴ・アレグレ監督の「デデという娼婦」に

 感謝を捧げようと思います。


デデという娼婦 [DVD]
ジュネス企画
2012-12-25

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト



 港町で暮らす娼婦「デデ」と彼女を取り巻く人々の
 
 運命を描いた本作は

 地形効果とバランス感覚に秀でた愛憎劇であります。

 「港町」という舞台の持ち味を有効活用し

 甘いロマンスと苦い極道風味をバランス良く配合したストーリー&演出と

 華やかさと渋味が交錯する俳優&女優陣が一体となる光景は

 私に、恋愛劇における「舞台&キャラクター造形」の重要性と

 「女性の精神的強靱さ&男の傲慢さ+繊細さ」を映画的に表現する手法の一形態を

 目の当たりにする機会をもたらしました。 

 (勧善懲悪の爽快感よりも「愛」を失うことによって生じる狂気が

 印象深い幕切れとなっている点も見逃せません。)

 まさに「フランス流極道系愛憎劇」の一翼を担う作品であると言えるでしょう。

 港町&男女関係の光と闇を

 暴力的且つ上品に写し出す本作と

 生きて映画を観ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック