映画に感謝を捧ぐ! 「ジオストーム」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はディーン・デブリン監督の「ジオストーム」に

 感謝を捧げようと思います。


ジオストーム [AmazonDVDコレクション]
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント
2018-10-17

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト



 気象制御システム「ダッチボーイ」を巡る

 陰謀に立ち向かう人々の運命を描いた本作は

 娯楽映画を生成する要素が一堂に会したSF映画であります。

 各種災害映画、テロ対策映画、宇宙系SF映画の特性を

 つなぎ合わせることによって生成されたストーリー&映像が

 荒々しくも堅実に進行する光景は

 私に「大作的ハッタリと小規模映画的倹約の共同戦線」と

 「歴史の娯楽的活用法」の一形態を

 目の当たりにする機会をもたらしました。

 (アメリカ映画的ハッピー・エンドに即しつつ

 「アメリカ礼賛色」を前面に出すことを控えた幕切れが

 大作映画的ビジネス戦術の一端を体現している点も見逃せません。)

 まさに「継ぎ接ぎ系SF大作」の雄と呼ぶにふさわしい

 作品であると言えるでしょう。

 R・エメリッヒ監督と長きにわたって

 CGショー系娯楽作品を作り続けたD・デブリンと

 彼のもとに集結した技術陣が

 映画「ボルケーノ」・「アルマゲドン」

 「デイ・アフター・トゥモロー」

 「ツイスター」・「スペース・カウボーイ」

 米ドラマ「24」の精神を学び

 受け継ぐことによって生を受けた本作と

 生きて映画を観ることのできる幸せに深い感謝を!!!。 

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック