映画に感謝を捧ぐ! 「夜霧の港」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はアーチー・L・メイヨ監督の「夜霧の港」に

 感謝を捧げようと思います。





 ウィラード・ロバートソンの同名小説を

 もとにして作られた本作は

 対照的な要素が入り乱れた恋愛劇であります。

 恋愛模様と謎解き、愛と狂気が複雑に絡み合う

 ストーリー&演出が効率的且つ怪しげに進行する光景は

 私に「ロマンスとサスペンスを結ぶ絆」と

 残酷描写&暴力描写に依存しないスリル&サスペンス生成法の

 一形態を目の当たりにする機会をもたらしました。
 
 (勧善懲悪的決着よりも

 過去の呪縛&歪んだ友情から解放された男の姿に

 心打たれる幕切れとなっている点も見逃せません。)

 まさに「ジャンル融合型ラブ・ストーリー」界の

 静かなる堅実作であると言えるでしょう。

 心に傷を負った男女の恋模様と

 謎めいた殺人事件のせめぎ合いを

 技巧的且つクールな映像技&作劇法で描いていく本作と

 生きて映画を観ることのできる幸せに深い感謝を!!!。 

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック