映画に感謝を捧ぐ! 「江戸三国志 完結迅雷編」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回は萩原遼監督の「江戸三国志 完結迅雷編」に

 感謝を捧げようと思います。


江戸三国志 完結迅雷篇 [DVD]
TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D)
2008-04-21

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト



 吉川英治の同名小説をもとにして作られた

 3部作の最終章となる本作は

 巧妙なる収納術に彩られた続編映画であります。

 前二作によって広がっていったスケール感を
 
 段階的に縮小しつつ

 謎の真相&最終決戦を盛り上げていこうという試みは

 私に「シリーズ化戦術」・「TVドラマ的作劇法」

 「TVゲーム&漫画的発想」・「東映流スター主義」による

 共同戦線の一形態を目の当たりにする機会をもたらしました。

 (時代劇の王道に即しつつも

 冒険活劇&西部劇の香りを感じさせる

 「決着の付け方→後日談」となっている点も見逃せません。)

 まさに軽快にして巧妙なる「江戸三国志 最終章」であると

 言えるでしょう。

 奇想天外なアイデアと王道的なストーリー&映像が

 互いの持ち味を生かし合いながら

 解答編&最終決戦へと向かっていく事によって

 後年の大作映画に対する「道しるべ」の一つとなった本作と
 
 生きて映画を観ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック