映画に感謝を捧ぐ! 「デイ・アフター・トゥモロー2017」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はジョン・マッカーシー監督の「デイ・アフター・トゥモロー2017」に

 感謝を捧げようと思います。


デイ・アフター・トゥモロー2017 [DVD]
アルバトロス
2017-11-02

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by デイ・アフター・トゥモロー2017 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



 大寒波の嵐がもたらす脅威に立ち向かう

 人々の運命を描いた本作は

 小規模映画会社&災害系SFマニア魂に

 彩られた異色の感動作であります。

 2004年の映画「デイ・アフター・トゥモロー」を軽量化し

 効率的且つ単純明快に進行するよう調整することによって

 生を受けたストーリー&キャラクター造形と

 素朴感満載のCG映像が一体となる光景は

 私に「冬山遭難感覚で描写される地球の危機」の醍醐味と

 R・エメリッヒ監督作がSF映画市場に与えた影響力の一端を

 目の当たりにする機会をもたらしました。

 (便乗商品戦術の赴くままに進みつつ

 作品の本質を的確に捉えた邦題

 ニュース映像を駆使したハッタリの連続攻撃

 「部分的幸福を強調するによって全体の悲劇性を隠蔽する」

 戦術に基づいたハッピー・エンドも見逃せません。)

 まさに「非喜劇系パロディSF」の一翼を担う

 大いなる珍作であると言えるでしょう。

 大作系SFを有効活用して小規模SFを創造するリサイクル精神 

 災害映画の法則に従って進行しつつ

 効率的に物語を進行させることによって

 「映画的ご都合主義」に対する突っ込みを封じる機動力

 段階的にスケール感を抑制していく戦術性

 予算超過&残酷過多になりすぎないよう配慮しつつ

 ハッタリの利いた映像を繰り出すCG技術が一堂に会した本作と
 
 生きて映画を観ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック