映画に感謝を捧ぐ! 「ランナウェイ ルナ、17歳の逃亡者」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はカーレト・カイサル監督の

 「ランナウェイ ルナ、17歳の逃亡者」に感謝を捧げようと思います。


ランナウェイ ルナ、17歳の逃亡者 [DVD]
アルバトロス
2018-05-02

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト



 家族を殺され追われる身となった少女「ルナ」と

 彼女を助けた男「ハミード」の運命を描いた本作は

 堅実さと過激さが入り交じったアクション映画であります。

 巻き込まれ映画&昨今のスパイ活劇にありがちな状況を

 的確に押さえる堅実さと

 「家族愛&人情によって状況が悪化していく」
 
 「悪側よりも正義側の死者が多い」
 
 「段階的に暴力を抑制していくストーリー展開」といった

 変化球を繰り出す過激さが一体となる光景は

 私に「1980年代西洋アクション映画」的国際認識と

 「2010年代テクノロジー&スパイ認識」のせめぎ合いと

 「穏健派アクションヒーロー&ヒロイン」の一形態を

 目の当たりにする機会をもたらしました。

 (勧善懲悪の爽快感よりも

 軽やかにロシアを挑発する豪快さが印象深い

 幕切れとなっている点も見逃せません。)

 まさに「スパイ&独露関係論入り巻き込まれアクション」の一翼を担う
 
 作品であるといえるでしょう。 

 L・ベッソン関連作の香り漂うヒロイン

 「1990年以降のアメリカ製スパイ映画」的人間模様

 多国籍感満載の俳優&女優陣が一堂に会し

 冷戦時代の爪痕と暴力に依存しない「スパイ戦術」の

 一端を写し出す本作と

 生きて映画を観ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック