映画に感謝を捧ぐ! 「集結!テキサス・レンジャー」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はジョージ・マッコーワン監督の

 「集結!テキサス・レンジャー」に感謝を捧げようと思います。





 1969年の映画「復活!テキサス・レンジャー」の

 後日談となる本作は

 続編映画史上屈指の「穏健化ぶり」を

 感じさせるで作品であります。

 前作の精神&設定を継承しつつ

 スリル&サスペンスよりもコメディ風味&男の友情を

 高める方向へと進行するストーリー&演出は

 私に「西部劇文化の防衛」と「人情劇的サービス精神」が

 独特のバランスで共存する現象と

 西部劇の伝統芸とコミック的アイデアの融合がもたらす

 科学反応の一形態を目の当たりにする機会をもたらしました。

 (悲劇と見せかけて「西部劇+コメディ的ハッピー・エンド」に向かうという
 
 奇襲技を用いた作品であるという点も見逃せません。)

 まさに渋味、笑い、癒しに溢れた

 「喜劇系西部劇」であると言えるでしょう。

 アメリカ西部劇の香り漂うベテラン俳優陣と

 西部劇の定番を押さえつつ

 ホームドラマ&コメディ的魅力を加えたストーリーが冴え渡る本作と

 生きて映画を見ることのできる幸せに深い感謝を!!!。
 

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック