映画に感謝を捧ぐ! 「サバイバーズ」 

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はアルパー・カグラー監督の「サバイバーズ」に

 感謝を捧げようと思います。


サバイバーズ [DVD]
アルバトロス
2018-03-02
カグラー・アートグルール

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト



 山中で敵軍に包囲されたトルコ軍兵士4人の運命を描いた本作は

 渋味と奇策に彩られた戦争映画であります。

 1993年の映画「クリフハンガー」と戦争映画の定番を

 組み合わせたかのような状況下で

 回想シーン&山登り的交流を連打することによって

 戦闘&反戦メッセージよりも人間模様を重視する

 方向へと突き進むストーリー&演出は

 私に「省エネ&倹約的戦争映画作り」と

 「アクション映画的装飾」を逆手にとった奇襲戦術の一形態を

 目の当たりにする機会をもたらしました。

 (「ハッピー・エンドの後に時間を逆流させる」という

 離れ業に挑んだ幕切れと

 本編以上に「戦争の残酷さ」を体現するエンドロールも

 見逃せません。)

 まさに「精神重視系系戦争映画」の一翼を担う

 作品であると言えるでしょう。

 アクション映画風味満載の宣伝

 時系列移動&会話を多用する作劇法

 娯楽的盛り上げを意図的に押さえる映像技によって
 
 戦争の多様性を写し出す本作と
 
 生きて映画を観ることのできる幸せに深い感謝を!!!。
 

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック