映画に感謝を捧ぐ! 「ジャバウォッキー」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はヤン・シュヴァンクマイエル監督の

 「ジャバウォッキー」に感謝を捧げようと思います。





 部屋を彩る人形たちの運命を描いた本作は

 奇襲性と玩具的魅力に溢れたアニメーション映画であります。

 冒頭を彩る「ジャバウォッキーの詩」をもとにして

 物語を展開すると見せかけて

 部屋を舞台にした「人形たちのショー」を披露するという奇策と

 上品な音楽と共に舞い踊る人形達を

 技巧的且つ軽快に描写するアニメーション映像技が一体となる光景は

 私に「アニメーション技法とミュージカル技法の融合」による科学反応と

 台詞や状況設明に依存しない「キャラクター造形法」の一形態を

 目の当たりにする機会をもたらしました。

 (ショーの高揚感を保ちながら

 幕切れを迎えるよう配慮されている点も見逃せません。)

 まさに「無生物ダンス・ショー」の雄と呼ぶにふさわしい

 作品であると言えるでしょう。

 ルイス・キャロルの小説「不思議の国のアリス」を彩る名脇役と

 舞台ショー&サイレント映画の技を

 アニメーション的に生かすことによって生を受けた本作と

 生きて映画を見ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック