映画に感謝を捧ぐ! 「コヨーテ」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。
 
 今回はジョン・G・アヴィルドセン監督の「コヨーテ」に

 感謝を捧げようと思います。


ヴァン・ダム イン コヨーテ [DVD]
アミューズ・ビデオ
2000-08-25

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト



 元軍人「エディ・ロラックス」と彼を取り巻く人々の

 運命を描いた本作は

 様々な娯楽文化が交錯するアクション映画であります。
  
 西部劇、時代劇、癒し系映画、人情劇の特性が

 一堂に会することによって生を受けたストーリー&演出が

 豪快且つ渋めに進行する光景は

 私に「アクション映画的異文化交流」の一形態と

 映画における「濃厚なる脇役陣」の重要性を

 目の当たりにする機会をもたらしました。

 (西部劇の王道に即しつつ

 米ドラマ「Xファイル」、ホームドラマ、恋愛劇を組み込んだ

 幕切れとなっている点も見逃せません。)

 まさに「活劇系地方再生劇」の一翼を担う作品であると言えるでしょう。

 アメリカ映画界において「男の苦渋と再生」を追い続けた

 J・G・アヴィルドセン監督の最終章となった本作と

 生きて映画を観ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック