映画に感謝を捧ぐ! 「悪夢(1979年版)」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はジョン・ラセター監督の「悪夢(1979年版)」に

 感謝を捧げようと思います。


ピクサー・ショート・フィルム Vol.2 [DVD]
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
2013-05-22

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト



 少年の不思議な一夜を描いた本作は

 ユーモアと恐怖が交錯するアニメーション映画であります。

 「日用品のホラー的解釈」・「非暴力的恐怖描写」

 「笑い所の巧妙なるパターン化」の手本を示すかのように

 進行するストーリー&演出は

 私に「日常に宿る創作要素」・「恐怖と思考の関係」

 「限定された空間&時間の中で最善を尽くすサービス精神」の

 一端を目の当たりにする機会をもたらしました。

 (闘いを経て「恐怖」との平和共存を勝ち取る姿に心打たれる

 幕切れとなっている点も見逃せません。)

 まさに「空間限定型ホラー喜劇」の秘めたる強豪作であると言えるでしょう。

 アニメーション映画界の雄「ピクサー」の根源を成す人物の一人である

 J・ラセター監督の技&アイデア

 白黒映像特有の神秘性、暴力に依存しない恐怖の生成術が

 軽やかに冴え渡る本作と

 生きて映画を見ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック