映画に感謝を捧ぐ! 「サンタフェ大暴動」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はジョージ・シャーマン監督の「サンタフェ大暴動」に

 感謝を捧げようと思います。





 1938年の映画「鞍上のスパイ」をもとにして作られた

 「西部の三銃士シリーズ」の3作目となる本作は

 里帰りの香り漂う続編映画であります。

 「西部劇の装飾を纏った近代系アクション」として

 生を受けたシリーズを
 
 西部劇の世界へと連れ戻そうという試みは

 私に「西部開拓時代と近代のせめぎ合い」を

 映画的に表現する技法と

 ヒーローの登場によって「悪漢の凶暴性」が増大していく現象の

 一形態を目の当たりにする機会をもたらしました。

 (悪漢に扇動されて法的機関を破壊し

 無実の人間を死に追いやろうとした「民衆」を許し

 万事解決のハッピー・エンドへと着地するという

 ブラック・ユーモア的離れ業に挑んだ幕切れと

 なっている点も見逃せません。)
 
 まさに「史劇系量産型西部劇」の一翼を担う

 作品であると言えるでしょう。

 軽量級映画の枠内で表現された「大作的スペクタクル」と

 「悪漢」に全責任を負わせることによって

 社会の問題点を隠蔽しようとする風潮に対する

 無意識の皮肉に彩られた本作と

 生きて映画を見ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック