映画に感謝を捧ぐ! 「サンダーボルト作戦(1944年版)」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はウィリアム・ワイラー監督の「サンダーボルト作戦(1944年版)」に

 感謝を捧げようと思います。


サンダーボルト作戦 CCP-200 [DVD]
株式会社コスミック出版
2012-03-28

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト



 戦略爆撃機「P-47サンダーボルト」による作戦の

 一部を記録した本作は

 アメリカ映画界の知略&恐怖の一端を示した記録映像であります。

 観光旅行案内+日記的な語り口&映像と

 「アメリカ軍にとって好ましい部分を厳選する」編集技によって

 戦場の惨状&空爆の非情さが隠蔽され、和やかな雰囲気を放ち出す光景は

 私に「兵器テクノロジー」の発展がもたらす戦争の残酷化と

 アメリカ政府&軍部とアメリカ映画界の共同戦線がもたらす

 科学反応の一端を目の当たりにする機会をもたらしました。

 (能天気なハッピー・エンド風に展開しつつ

 土壇場で「ホラー&SF風味」を発する幕切れが

 当時のアメリカ情勢を体現している点も見逃せません。)

 まさに「空軍礼賛戦術」の一翼を担う

 静かなる過激作であると言えるでしょう。

 軍事作戦の記録映像でありながら

 暴力的な部分を極限まで抑制し

 穏健な日常風景を挿入する手法によって

 アメリカ空軍の武勇伝と
 
 「歴史は強者に都合良く編集される」という

 過酷な真実に向かい合うための教材を
 
 兼ね備えた本作と
 
 生きて映画を見ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック