映画に感謝を捧ぐ! 「リッチ・アンド・ストレンジ」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はアルフレッド・ヒッチコック監督の

 「リッチ・アンド・ストレンジ」に感謝を捧げようと思います。


リッチ・アンド・ストレンジ [DVD]
IVC,Ltd.(VC)(D)
2013-06-21

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト



 海外旅行に出かけた夫婦「フレッド&エミリー」の

 運命を描いた本作は

 様々な境界線に彩られた恋愛喜劇であります。

 トーキーとサイレント、ホームドラマ感覚と観光旅行感覚

 A・ヒッチコック監督作特有の「巻き込まれ」と

 人情喜劇風味が絡み合うストーリー&演出、キャラクター造形は

 私に「和やかさと意地悪さの共同戦線」と

 「人生のコメディ&サスペンス性」を映画的に表現する手法の

 一形態を目の当たりにする機会をもたらしました。

 (甘いロマンスの終わりと現実的家族計画の幕開けを

 ユーモラスに告げる幕切れとなっている点も見逃せません。)

 まさに「A・ヒッチコック流道中系恋愛喜劇」の称号にふさわしい

 異色作であると言えるでしょう。

 巻き込まれサスペンスで名を成したA・ヒッチコック監督の持ち味と

 ラブ・コメディ&道中劇の王道が融合することによって生じる

 科学反応を見せてくれた本作と

 生きて映画を観ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック