映画に感謝を捧ぐ! 「テキサスの幸運な男」 

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はロバート・N・ブラッドベリ監督の「テキサスの幸運な男」に

 感謝を捧げようと思います。


テキサスの幸運な男 - The Lucky Texan - [DVD]
PD Classic
2013-11-28

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト



 小川で金を見つけた鍛冶屋「ジェリー&ジェイク」の

 運命を描いた本作は

 日常劇的ムードに溢れた西部劇であります。

 量産型西部劇の枠内において

 「偶発的な富がもたらす悲劇&滑稽劇」と

 「死人なき西部劇アクション」を繰り広げるという試みは

 私に「王道と実験的手法の融合」と

 「殺人に依存しないスリル&サスペンスの生成」の一形態を

 目の当たりにする機会をもたらしました。

 (能天気なハッピー・エンドの形態を取りながら

 男の嫉妬心を軽やかに写し出す

 幕切れとなっている点も見逃せません。) 

 まさに「穏健派量産型西部劇」の極限を目指して突き進む

 作品であると言えるでしょう。

 R・N・ブラッドベリ監督&J・ウェイン組ならではの堅実さ&軽快さ

 多彩な移動アクション、コメディ風味漂う悪漢たちが一堂に会し

 量産型西部劇の魅力と実験精神を兼ね備えた作品となった本作と

 生きて映画を観ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック