映画に感謝を捧ぐ! 「組織暴力(1967年版)」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回は佐藤純彌監督の「組織暴力(1967年版)」に

 感謝を捧げようと思います。


組織暴力 [DVD]
TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D)
2018-11-02

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト



 東映が誇る人気シリーズの一つ「組織暴力シリーズ」の

 1作目となる本作は

 様々な文化&気質がせめぎ合う極道映画であります。

 和製任侠組織と西洋型刑事&犯罪組織

 洋風アクション技法と和風アクション技法

 人情と法治主義が複雑に絡み合う

 ストーリー&演出、キャラクター造形は

 私に「東映の男臭と西洋映画風味の融合」がもたらす科学反応と

 抗争劇の持つスリル&虚しさの一形態を

 目の当たりにする機会をもたらしました。

 (勧善懲悪的決着と見せかけて

 現実の非情さを突きつける幕切れとなっている点も

 見逃せません。)

 まさに「和洋折衷系極道映画」の静かなる強豪作であると言えるでしょう。

 東映的サービス精神&アウトロー気質の赴くままに進みつつ

 「戦争」を誘発する根源と

 暴力の連鎖がもたらす悲劇をえぐり出す本作と

 生きて映画を観ることのできる幸せに深い感謝を!!!。 

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック