映画に感謝を捧ぐ! 「南部魂は消えず」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はエドワード・ルドヴィグ監督の「南部魂は消えず」に

 感謝を捧げようと思います。





 帰郷した元南軍兵士「ロックウェル・グレイソン」の

 運命を描いた本作は

 娯楽性を保ちながら「過渡期の混乱」を写し出す西部劇であります。

 潜入捜査映画と戦争映画を融合させた

 ストーリー&演出、キャラクター造形を通じて

 南北戦争後のアメリカ事情&戦争がもたらす人心荒廃を

 世に示そうという試みは

 私に「娯楽的サービス精神と教材性の共同戦線」と

 「活劇ヒーローと法治主義の共存」を図るための創意工夫の

 一形態を目の当たりにする機会をもたらしました。

 (肩すかし感満載の「敵将の最期&悪女の末路」を通じて

 運命のブラック・ユーモア性&劣等感から生じる野望の虚しさを示した

 作品であるという点も見逃せません。)

 まさに「西部劇型戦後論」の一翼を担う作品であると言えるでしょう。

 アメリカ西部劇的豪快さ&アクション・シーンと

 アメリカ史の転換期&戦争の間接被害が絡み合う本作と

 生きて映画を観ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック