映画に感謝を捧ぐ! 「謎の牛泥棒」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はジョージ・シャーマン監督の「謎の牛泥棒」に

 感謝を捧げようと思います。





 1938年の映画「鞍上のスパイ」をもとにして作られた
 
 「西部の三銃士シリーズ」の4作目となる本作は

 静かに時代の垣根を越える続編映画であります。

 西部の三銃士シリーズの特性を維持しつつ

 「西部劇風味」に重きを置いた前作から

 刑事ドラマ風味へ向かって進行していくストーリー&演出は

 私に「西部劇時代と近代による共同戦線」と

 「暴力的犯罪集団を知能犯風に表現する技法」の

 一形態を目の当たりにする機会をもたらしました。

 (西部劇よりもラブ・コメディ色の強い

 ハッピー・エンドに着地するという離れ業に挑んだ

 幕切れとなっている点も見逃せません。)

 まさに「刑事映画風西部劇」の領域に到達した

 一作であると言えるでしょう。

 西部劇を彩る定番の一つ「牛泥棒」を近代犯罪風に加工し

 西部劇風アトラクションを挿入することによって

 SFとは異なる形で「時代の壁」を突破した本作と

 生きて映画を観ることのできる幸せに深い感謝を!!!。
 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック