映画に感謝を捧ぐ! 「ザ・チャレンジ」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はクレイグ・シャピロ監督の「ザ・チャレンジ」に

 感謝を捧げようと思います。


メアリー=ケイト・オルセン アシュレー・オルセン ザ・チャレンジ [DVD]
ワーナー・ホーム・ビデオ
2006-10-06
アシュレー・オルセン メアリー=ケイト・オルセン

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト



 奨学金のためにTVショー「ザ・チャレンジ」に挑む

 男女8人の運命を描いた本作は

 ユーモアと教材性が交錯する青春映画であります。

 アイドル映画、青春映画、冒険活劇

 バラエティ番組の手法を使い分けながら

 TVショーの舞台裏に迫るという試みは

 私に娯楽映画と教材映画を結ぶ「絆」と

 TV技法と映画技法の共同戦線の一形態を
 
 目の当たりにする機会をもたらしました。

 (単なるハッピー・エンドの枠を超え

 主演女優コンビの歴史と新たなる旅立ちを感じさせる

 幕切れとなっている点も見逃せません。)

 まさに「喜劇系TV論」の一翼を担う作品であると言えるでしょう。

 米ドラマ「フルハウス」で名を成したM・K&A・オルセンの集大成であると同時に

 転換期を告げる作品となった本作と

 生きて映画を見ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック