映画に感謝を捧ぐ! 「うそつき狼」 

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。
 
 今回はテックス・アヴェリー監督の「うそつき狼」に

 感謝を捧げようと思います。





 お伽噺「三匹の子豚」をもとにして1942年に作られた本作は

 過激にして戦術的なユーモアに彩られたアニメーション映画であります。

 「三匹の子豚」の世界と第2次大戦期の国際情勢を融合させ

 連合軍礼賛&ナチス・ドイツ批判色全開で描写するという試みと

 ギャグ漫画&戦争映画風味満載のアニメーション映像技法が

 一体となる光景は

 私に、子供向けサービス精神と軍事的情報戦術の共同戦線と

 残酷な状況を喜劇的に表現する手法の一形態を

 目の当たりにする機会をもたらしました。

 (「勧善懲悪+ブラック・ユーモア的ハッピー・エンド」の

 形態を駆使してA・ヒトラーを挑発する

 大胆不敵な幕切れとなっている点も見逃せません。)

 まさに「軍事宣伝系戦争喜劇」の一翼を担う

 過激作であると言えるでしょう。

 「三匹の子豚」、米軍による宣伝戦術、T・アヴェリー監督のアニメーション技術が

 結びつくことによって生を受けた

 「連合軍礼賛アニメーション」でありながら

 娯楽映画と軍事&政治的思惑が融合することに対する

 「無意識の警鐘」となった本作と

 生きて映画を観ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック