映画に感謝を捧ぐ! 「第十七番」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はアルフレッド・ヒッチコック監督の「第十七番」に

 感謝を捧げようと思います。


第十七番 [DVD]
IVC,Ltd.(VC)(D)
2013-06-21

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト



 ジェファーソン・ファージョンの同名舞台劇を

 もとにして作られた本作は

 貪欲にして経済的なサスペンス映画であります。

 閉鎖系サスペンスから乗り物アクションへと転じるストーリー

 サスペンス、舞台劇、特撮の技と

 小規模映画的節約戦術が一堂に会した演出

 ヨーロッパ的渋味に溢れた俳優&女優陣が

 融合することによって生じる科学反応は

 私に「多彩な顔を持った物語&映像」の醍醐味と

 「神秘性と活劇性の共同戦線」の一形態を

 目の当たりにする機会をもたらしました。

 (サスペンス的どんでん返しとコメディ的笑いが絡み合う

 幕切れとなっている点も見逃せません。)

 まさに「ジャンル&娯楽文化融合型サスペンス」の一翼を担う

 軽量級作品であると言えるでしょう。

 暇つぶし規模のスケール感を保ちつつ

 二転三転するアクション&人間模様と

 情緒やロマンスに溺れず、謎解き&対決に専念する

 サービス精神が心地良い本作と

 生きて映画を見ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック