映画に感謝を捧ぐ! 「殴り込み牧場」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はランバート・ヒルヤー監督の「殴り込み牧場」に

 感謝を捧げようと思います。





 父の牧場を救うために帰郷した男「ルー・レミントン」の

 運命を描いた本作は

 効率的でありながらも陽気な軽量級西部劇であります。

 見せ場重視&分かり易さに重きを置いたストーリーと

 正統派西部劇の法則に則したアクション・シーンの中に

 ミュージカル&コメディ要素を挿入するという試みは

 私に「活劇的サービスと喜劇的サービスの共同戦線」と

 倹約的且つ緩やかなスリル&サスペンスが

 「ユーモア」の領域に到達する現象の

 一形態を目の当たりにする機会をもたらしました。

 (青春映画風味からドタバタ喜劇風味へと急展開する

 幕切れとなっている点も見逃せません。)

 まさに「音楽劇+喜劇系西部劇」の一翼を担う
  
 珍作であると言えるでしょう。

 暇つぶし規模の作品世界において

 アメリカ西部劇、バラエティ番組的笑い

 犯罪サスペンス、集団抗争劇の魅力が一堂に会した本作と

 生きて映画を観ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック