映画に感謝を捧ぐ! 「タイム・トラベラーズ2 タイム・トラベル」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はデヴィッド・L・ヒューイット監督の

 「タイム・トラベラーズ2 タイム・トラベル」に感謝を捧げようと思います。


タイム・トラベラーズ2 タイム・トラベル [DVD]
ランコーポレーション
2018-07-27

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト



 時空転送装置の実験中にタイム・スリップ現象を

 発生させてしまった人々の運命を描いた本作は

 貪欲にして堅実な時間旅行系SFであります。

 「タイムスリップ」を利用して

 時間旅行、エイリアン・恐竜を組み合わせつつ

 状況設定&設明台詞によって予算&人員の節約を図り

 効率的に進行するストーリー&演出は

 私に「省エネ&省力化」と「SF的ハッタリ」の均整を保つ戦術と

 「タイムマシン」の映画的活用法の一端を

 目の当たりにする機会をもたらしました。

 (小規模映画界が誇る得意技の1つ

 「続編風宣伝戦術」を余すところなく発揮した邦題と

 複雑化していく状況を巧みに受け流す事によって

 各種問題を隠蔽し、力業で「ハッピー・エンド」風に表現する幕切れが

 時間旅行系SFの持つ「宿命」を体現している点も見逃せません。)

 まさに「小規模映画戦術型SF」の一翼を担う作品であると言えるでしょう。

 1964年の映画「タイム・トラベラーズ」を最大限に活用し

 様々な時代要素を挿入することによって生を受けた本作と

 生きて映画を見ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック