映画に感謝を捧ぐ! 「グーフィーの幌馬車隊西へ」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はジャック・キニー監督の

 「グーフィーの幌馬車隊西へ」に感謝を捧げようと思います。





 ディズニーの人気キャラクター「グーフィー」による

 16番目の主演作となる本作は

 西部劇とディズニーの王道に即したアニメーション映画であります。

 アメリカ西部劇を形成する要素の一つ「先住民との戦い」を

 ディズニー的コメディ精神&アニメーション技法を駆使して

 表現するという試みは

 私に「サイレント的笑いと西部劇的スリルの共同戦線」と

 「西部劇文化と近代文化の融合」がもたらす科学反応の

 一形態を目の当たりにする機会をもたらしました。
 
 (暴力ではなく「災害」によってハッピー・エンドへと着地する幕切れが

 「自然の雄大さ&人間の小ささ」を

 体現している点も見逃せません。)

 まさに「ディズニー流西部喜劇」の雄と呼ぶにふさわしい

 作品であると言えるでしょう。

 「グーフィー」の持ち味、バラエティ番組的笑い

 アメリカ西部劇の伝統芸が一堂に会した本作と

 生きて映画を観ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック