映画に感謝を捧ぐ! 「マッチ売りの少女(2006年版)」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はロジャー・アラーズ監督の「マッチ売りの少女(2006年版)に

 感謝を捧げようと思います。


ディズニー・ショートフィルム・コレクション [DVD]
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
2015-08-26

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト



 ハンス・クリスチャン・アンデルセンの同名童話をもとにして

 2006に作られた本作は

 童話的でありながらもクールなアニメーション映画であります。

 挿絵感溢れるイラスト、台詞に依存しないストーリー展開

 アニメーションの特性を生かした映像技を駆使して

 「マッチ売りの少女」の世界を効率的且つ絵画的に

 写し出すという試みは

 私に「躍動感&ユーモアと哀愁の共同戦線」と

 「ディズニー的ファンタジー技法」の一形態を

 目の当たりにする機会をもたらしました。

 (「悲劇とハッピー・エンドが交錯する」結末を

 感動誘発に溺れすぎないよう軽快に描写した

 幕切れとなっている点も見逃せません。)

 まさに「アンデルセン童話のディズニー的解釈」の一端を示した

 作品であると言えるでしょう。

 超軽量な作品世界の中で

 童話、サイレント映画、アニメーション映画の

 特性が共存する本作と

 生きて映画を観ることのできる幸せに深い感謝を!!!。
 

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック