映画に感謝を捧ぐ! 「西部の顔役」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はウィリアム・マクガン監督の「西部の顔役」に

 感謝を捧げようと思います。


西部劇 パーフェクトコレクション DVD10枚組 ACC-006
株式会社 コスミック出版
2015-03-02

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト



 薬剤師「トム・クレイグ」と彼を取り巻く人々の

 運命を描いた本作は

 安定感と小技が冴える西部劇であります。

 J・ウェイン主演西部劇の定番要素に「薬剤師」を加えることによって

 医療ドラマ的側面を生成し

 他の量産型作品とは一味違う作品へと変異させようという試みは

 私に「王道を押さえつつ、個性をもたらす」作劇法と

 「女性に翻弄される男性の性」を西部劇的に表現する手法の一形態を

 目の当たりにする機会をもたらしました。

 (勧善懲悪の爽快感よりも

 ホームコメディ風味+男の純情&哀愁が印象深い

 幕切れとなっている点も見逃せません。)

 まさに「難病&ミステリー入り西部劇」の一翼を担う
 
 作品であると言えるでしょう。

 西部劇スターJ・ウェインのヒーローぶりを生かしつつ

 各種娯楽要素を詰め込むことに挑んだ

 実験的西部劇である本作と

 生きて映画を観ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック