映画に感謝を捧ぐ! 「ティン・トイ」 

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はジョン・ラセター監督の「ティン・トイ」に

 感謝を捧げようと思います。


ピクサー・ショート・フィルム&ピクサー・ストーリー 完全保存版 [DVD]
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
2008-11-07

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト



 人形「ティン・トイ」と赤ん坊の運命を描いた本作は

 ユーモラスで皮肉なスリルに彩られたアニメーション映画であります。

 赤ん坊特有の無邪気な豪快さを

 「巨大モンスターの脅威にさらされる人々」的な目線で見つめつつ

 男の友情を描いた物語へ向かっていくという試みは

 私に「人外目線の人間社会」と「悪意なき恐怖」を

 映画的に表現する手法の一形態を

 目の当たりにする機会をもたらしました。

 (アクション&サスペンスとホームドラマのハッピー・エンドが

 組み合わさったかのような幕切れとなっている点も見逃せません。)

 まさに「室内冒険喜劇」の雄と呼ぶにふさわしい

 作品であると言えるでしょう。

 怪獣映画と人情劇の魅力を兼ね備えつつも

 クール且つ効率的に進行することによって

 超軽量級の枠内で「独特の教材性&文学性」を醸し出す本作と

 生きて映画を観ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック