映画に感謝を捧ぐ! 「悪魔の核実験」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回は「悪魔の核実験」に感謝を捧げようと思います。


悪魔の核実験 (Atomic Bomb Tests) CCP-906 [DVD]
株式会社コスミック出版
2012-02-10

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 悪魔の核実験 (Atomic Bomb Tests) CCP-906 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



 1950年代のアメリカで行われた核実験の一部を記録した本作は

 静かなる魔性に包まれた記録映像であります。

 手柄話のような語り口で繰り広げられる「核実験の解説」

 イベント感覚で核実験を目撃する大衆&マスコミ

 他国の核実験のみを「脅威」扱いする解説が一堂に会する光景は

 私に「アメリカ合衆国」と付き合うために必要な

 「アメリカのマイナス面」に関する情報と

 自制なきテクノロジー礼賛&愛国精神がもたらす恐怖の一端を

 目の当たりにする機会をもたらしました。

 (アメリカの「核認識」に対する静かなる怒りを感じさせる

 邦題となっている点も見逃せません。)

 まさに「アメリカのダークサイド入門」の一翼を担う

 一作であると言えるでしょう。

 アメリカ礼賛色全開の内容でありながら

 大国特有の傲慢さ、軍部特有の情報工作

 アメリカ的自衛精神の暗部が世界にとって

 核爆弾に匹敵するほどの「危険要素」であることを世に示した

 反面教師的記録映像である本作と

 生きて映画を見ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック