映画に感謝を捧ぐ! 「峡谷の黒幕」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はルー・ランダース監督の「峡谷の黒幕」に

 感謝を捧げようと思います。





 対立する一家と和解し、牧場を守ろうとする男

 「マーヴィン・ヘイデン」と仲間たちの運命を描いた本作は

 節約術と実験精神に溢れた西部劇であります。

 銃に依存せず、合法的な解決を目指す正義漢と

 少数精鋭主義に彩られた悪漢の対決を

 効率的且つ貪欲に写し出していくストーリー&演出は

 私に「西部劇アクションと犯罪捜査劇の融合」の一形態と

 「映画的倹約術&状況設明台詞の有効活用法」の一端を

 目の当たりにする機会をもたらしました。

 (娯楽西部劇の法則に沿って進行する最終決戦を通じて

 故郷への思い+平和への願い&ビジネス的野望を抱きつつ

 銃から離れられない人間の宿命を示した作品であるという点も

 見逃せません。)

 まさに「犯罪捜査系量産型西部劇」の一翼を担う

 作品であると言えるでしょう。

 予算&人員の節約、娯楽的サービス精神

 穏健的解決法の追求の均整を保とうとすることによって

 後年のTVドラマに対する「道しるべ」の一つとなった本作と

 生きて映画を見ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック