映画に感謝を捧ぐ! 「X-312 フライト・トゥ・ヘル」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はジェス・フランコ監督の「X-312 フライト・トゥ・ヘル」に

 感謝を捧げようと思います。


X-312 フライト・トゥ・ヘル [DVD]
ビデオメーカー
2003-09-26

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト



 旅客機「X-312」の乗客&乗務員の運命を描いた本作は

 J・フランコ気質と娯楽的王道が絡み合うアクション映画であります。

 乗り物系災害映画、巻き込まれ映画、泥棒映画の法則

 イタリア西部劇の香り

 J・フランコ的ポルノ気質、残酷趣味、省力性が一堂に会することによって

 生を受けたストーリー&演出は

 私に「大衆食堂的サービス精神&出たとこ勝負精神」の醍醐味と

 残虐性&凶悪性と滑稽さを結ぶ絆の一形態を

 目の当たりにする機会をもたらしました。
 
 (勧善懲悪の爽快感&悲劇性よりも
 
 「宝石」の疫病神ぶりが印象深い幕切れとなっている点も見逃せません。)

 まさに「道中系&お宝争奪系冒険活劇」の歴史に残る
 
 大いなる怪作であると言えるでしょう。

 J・フランコ監督ならではの俗物性、悪食性、その場しのぎ性と

 優等生的作劇法の融合がもたらす科学反応を見せてくれた本作と

 生きて映画を観ることのできる幸せに深い感謝を!!!。
  

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック