映画に感謝を捧ぐ! 「処刑惑星」 (2009年)

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はサンディ・カローラ監督の「処刑惑星」に

 感謝を捧げようと思います。


処刑惑星 [DVD]
ARC
2011-03-22

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト



 宇宙船から逃走した「捕虜」と

 彼を追う兵士たちの運命を描いた本作は

 奇抜さと素朴さが絡み合うSF映画であります。

 地球侵略SFの王道を逆手に取りつつ

 戦争映画+西部劇的な方向へと向かうストーリーと

 安物感&コミック感満載の映像が一体となって

 出たとこ勝負+省力的に進行していく光景は

 私に「どんでん返し主義と男児的SF精神の融合」と

 「軽量級SF的ハッタリ戦術」の一形態を
 
 目の当たりにする機会をもたらしました。

 (追う者と追われる者に芽生えた「奇妙な友情」と

 反権威精神を豪快につなぎ合わせ

 要所となる部分を曖昧化させるという

 戦術的な幕切れとなっている点も見逃せません。)

 まさに「鬼ごっこ+復讐系SF」の歴史に輝く

 怪作であると言えるでしょう。

 説明台詞によるスケール感の増幅&ストーリー展開の効率化

 様々なSF映画の要素を受け継ぎつつ、捻りを加える実験精神

 舞台&人員を巧みに抑制する倹約精神

 特撮的味わいに溢れたキャラクター&メカ造形が冴え渡る本作と

 生きて映画を観ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック