映画に感謝を捧ぐ! 「夢想の楽園」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はヘンリー・キング監督の「夢想の楽園」に

 感謝を捧げようと思います。


ハリウッド西部劇映画傑作シリーズ 夢想の楽園 [DVD]
ブロードウェイ
2017-01-06

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト


 
 ハロルド・ベル・ライトの小説「バーバラ・ワースの勝利」を

 もとにして作られた本作は

 驚異的なバランス感覚に彩られた西部劇であります。

 西部劇的風景+スリル&サスペンス

 災害映画的特撮、ホームドラマ+ラブストーリー的人間模様

 教訓劇的メッセージを組み合わせつつ

 効率的に進行するストーリー&演出、キャラクター造形は

 私に「アメリカ開拓史」を娯楽的に伝える技法と

 各種娯楽映画要素が一堂に会することによって生じる

 科学反応の一形態を目の当たりにする機会をもたらしました。

 (力業で「万事解決のハッピー・エンド」へと進行する豪快さに

 圧倒される幕切れとなっている点も見逃せません。)

 まさに「開拓系西部劇」の雄と呼ぶにふさわしい
 
 作品であると言えるでしょう。

 娯楽映画的サービス精神と教材性の平和的共存と

 サイレント映画の持ち味を生かした

 物語の効率化&文学的ムード生成によって

 後年の西部劇&人情劇に対する「道しるべ」の一つとなった本作と

 生きて映画を見ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック