映画に感謝を捧ぐ! 「栄光の軍旗」 

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はジェフリー・デル監督の「栄光の軍旗」に

 感謝を捧げようと思います。


戦争映画パーフェクトコレクション 栄光の軍旗 DVD10枚組 ACC-134
コスミック出版
2018-09-25

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト



 第2次大戦期のベルギー軍連隊旗に関する

 実話をもとにして作られた本作は

 知略とサービス精神に秀でた実話系戦争映画であります。

 敵地に取り残された連隊旗を取り戻す事に

 命を捧げた男と仲間たちの戦いを

 サスペンス&ドラマ性に重きを置きつつ

 効率主義的に描いていくストーリー&演出は

 私に「教材性、宣伝性、娯楽性の共存」と

 「第2次大戦期のベルギー事情」を娯楽的に表現する手法の一形態を

 目の当たりにする機会をもたらしました。

 (連合軍礼賛よりもスパイ活劇風味に

 重きを置いた幕切れとなっている点も見逃せません。)

 まさに「冒険+道中系戦争映画」の一翼を担う

 作品であると言えるでしょう。

 ベルギー軍礼賛&ドイツ軍の残酷さを掲げつつ

 アクション映画的誇張&ご都合主義を抑制し

 現実的な表現を追求する生真面目さに心打たれる本作と

 生きて映画を観ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック