映画に感謝を捧ぐ! 「アクト・オブ・バイオレンス」 

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はブレット・ドノフー監督の「アクト・オブ・バイオレンス」に
 
 感謝を捧げようと思います。


アクト・オブ・バイオレンス ブルーレイ&DVDセット(2枚組) [Blu-ray]
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント
2018-08-03

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト



 家族を誘拐した人身売買組織に立ち向かう

 男たちの運命を描いた本作は

 活劇性と渋味が入り交じったアクション映画であります。

 「コマンドー」・「96時間」の流れを汲みつつも

 豪快さ&能天気さを抑制したストーリー&演出、キャラクター造形と

 「脇役スター」への道を邁進するB・ウィリスが
 
 一体となることによって生じる科学反応は

 私に「1970年代、80年代、2010年代」が絡み合う感覚と

 「アクション・スター」の宣伝戦術的活用法の一形態を

 目の当たりにする機会をもたらしました。

 (万事解決のハッピー・エンドに背を向けて

 正義を行う事によって発生する「代償」に向き合う

 幕切れとなっている点も見逃せません。)

 まさに「集団抗争系アクション映画」の一翼を担う

 作品であると言えるでしょう。

 素朴な勧善懲悪を描きつつ「アクション・ヒーロー性」を抑制する事によって

 ご都合主義臭を抑制し、

 サクセス・ストーリー、癒し系映画、社会派の装飾を纏おうとする

 知略に彩られた本作と

 生きて映画を見ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック