映画に感謝を捧ぐ! 「挑戦(1939年版)」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はデヴィッド・ハワード監督の「挑戦(1939年版)」に

 感謝を捧げようと思います。


西部劇 パーフェクトコレクション ガンスモーク DVD10枚組 ACC-097
株式会社コスミック出版
2017-05-25

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト



 メーサ・シティを支配する悪徳保安官一派に立ち向かう

 男たちの運命を描いた本作は

 効率性と葛藤に彩られた西部劇であります。

 暴力に依存しない治安維持のために奮闘する主人公と

 暴力と権力を状況に応じて使い分ける悪漢一派の闘いを

 見せ場主義&能率主義的に描いていくストーリー&演出は

 私に「西部劇の王道と銃社会批判のせめぎ合い」と

 「西部劇的サービス精神と任侠映画的サービス精神の共同戦線」の

 一形態を目の当たりにする機会をもたらしました。

 (最終決戦において「敵将と戦友の最期以外を簡略化する」という

 実験を試みた作品であるという点も見逃せません。)
 
 まさに「忍耐系軽量級西部劇」の称号にふさわしい

 異色作であると言えるでしょう。

 勧善懲悪の爽快感よりも

 武闘派的な戦友&手下に囲まれながらも

 静かな問題解決を求める主人公&敵将の姿が

 印象深い本作と

 生きて映画を見ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック