映画に感謝を捧ぐ! 「ナチス強制収容所」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回は「ナチス強制収容所」に感謝を捧げようと思います。


ナチス強制収容所 CCP-211 [DVD]
株式会社コスミック出版
2012-03-27

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ナチス強制収容所 CCP-211 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



 ナチス・ドイツ軍によって作られた捕虜収容所の一部について

 記録した本作は

 ナチス・ドイツ軍の残虐行為を通じて

 怪奇恐怖の根源に迫るドキュメンタリー映像であります。

 淡々とした映像&語り口の中から

 ホラー映画を凌駕するほどの「怪奇性」が浮かび上がってくる現象は

 私に怪奇恐怖が「人間の発想&精神」より生成される存在である事と

 「人類史」に潜む物語以上の不条理性&凶悪性を

 再認識させられる機会をもたらしました。

 (アメリカ系の記録映像でありながらも

 「連合軍礼賛」の香りを感じさせないよう配慮されている点も見逃せません。)

 まさに歴史の闇を静かに照らす「記録映像系怪談」であると

 言えるでしょう。

 軽量級規模の収録時間&静かなる表現法でありながら

 大作系史劇以上の重厚感+人類史的意義と

 サスペンス&ホラー以上の猟奇性を感じさせる本作と

 生きて映画を見ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック