映画に感謝を捧ぐ! 「シンフォニー・オーケストラ」 

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はジョン・ハラス&ハロルド・ウィテカー監督の

 「シンフォニー・オーケストラ」に感謝を捧げようと思います。


動物農場 [DVD]
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
2009-06-10

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト



 漫画家ジェラルド・ホフナングのイラストを

 もとにして作られた「ホフナング・シリーズ」の

 一翼を担う本作は

 喜劇的アイデア&技術力とオーケストラへの思いに

 溢れたアニメーション映画であります。

 オーケストラに関する知識、ドタバタ喜劇的発想

 アニメーション技術の粋を結集して

 喜劇的オーケストラを生成するという試みは

 私に喜劇における「アイデア&知識」の重要性と

 上品な音楽とコミック的映像の共同戦線を

 目の当たりにする機会をもたらしました。

 (破壊的な状況においてもマイペースを貫く指揮者を通じて

 「芸術家心理」を写し出す幕切れとなっている点も見逃せません。)

 まさに「軽量級音楽喜劇」の雄と呼ぶにふさわしい

 作品であると言えるでしょう。

 「オーケストラの喜劇的加工」に挑む大胆さと

 奇想天外でありながらも説得力のある映像に驚かされる本作と

 生きて映画を見ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック