映画に感謝を捧ぐ! 「西部の挑戦」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はウォーレス・フォックス監督の「西部の挑戦」に

 感謝を捧げようと思います。




 
 オー・ヘンリーの小説から生まれたキャラクター「シスコ・キッド」を
 
 もとにして1949年に作られた本作は

 優等生的にして奇策的な西部劇であります。

 巻き込まれ映画、犯罪映画、正統派西部劇の王道を

 組み合わせる優等生気質と

 シリアスな状況を喜劇的に加工し

 緩やかさを保ちつつ効率的に進行する大胆さが入り交じった

 ストーリー&演出、キャラクター造形は

 私に「暇つぶし規模の枠内に各種娯楽要素を詰め込む」実験と

 スリル&サスペンスとユーモアを結ぶ「絆」の一形態を

 目の当たりにする機会をもたらしました。

 (あらゆる問題を力業で円満解決させる豪快さに
 
 圧倒される幕切れとなっている点も見逃せません。)

 まさに「量産型西部劇」の歴史における

 実験的作品の一つであると言えるでしょう。

 「シスコ・キッド路線」の一翼を担いつつ

 「量産型西部劇の滑稽劇的可能性」を切り開いた本作と

 生きて映画を見ることのできる幸せに深い感謝を!!!。 

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック