映画に感謝を捧ぐ! 「ぴょん助の家出」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はテックス・アヴェリー監督の「ぴょん助の家出」に

 感謝を捧げようと思います。





 犬と共に暮らす蚤「ホーマー」の運命を描いた本作は

 情とアクションが絡み合うアニメーション映画であります。

 ラブ・コメディ、冒険活劇、男の友情劇を組み合わせつつ

 軽やかに進行するストーリーと

 アクション的見せ場とコメディ的見せ場を巧みに使い分ける演出

 荒唐無稽さと生活感がバランス良く配合されたキャラクター造形が

 一体となる光景は

 私に「ロマンス、ホームドラマ、アクション・コメディの共同戦線」と

 「ギャグ漫画的アイデアと現実感の均整を保つ技法」の

 一形態を目の当たりにする機会をもたらしました。

 (和製漫画的アイデアに満ちあふれた邦題と

 男の友情劇とラブ・コメディのハッピー・エンドを兼ね備えた

 味わい深い幕切れとなっている点も見逃せません。)

 まさに「活劇系ラブ・コメディ」の秘めたる強豪作であると言えるでしょう。

 「トムとジェリー」シリーズの流れを汲む攻防戦と

 男の純情&女の魅惑が軽快且つクールに絡み合う本作と

 生きて映画を見ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック