映画に感謝を捧ぐ! 「メカニック・ワールドミッション」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はデニス・ガンセル監督の「メカニック・ワールドミッション」に

 感謝を捧げようと思います。


メカニック:ワールドミッション [WB COLLECTION][AmazonDVDコレクション] [DVD]
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント
2018-01-17

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト



 「メカニック(2010年版)」の後日談となる本作は

 続編戦術的加工術の粋を見せてくれるアクション映画であります。

 作品の源に当たる存在「メカニック(1972年版)」の精神を継承しつつ

 1970年代的渋味&男臭を削減し

 1980年代的能天気さ&2010年代的特殊効果を増強する事によって

 新たなる「メカニック」ワールドを生成しようという試みは

 私に大作的ハッタリ、観光旅行的装飾、スター主義の限りを尽くして

 「時代とアクション映画の関係」を体現する手法の

 一形態を目の当たりにする機会をもたらしました。

 (「メカニック的結末」とアメリカ映画的ハッピー・エンドを

 力業で組み合わせた幕切れとなっている点も見逃せません。)

 まさに「ワンマン・ヒーロー型メカニック」へ向かって猛進する

 シリーズ第2章であると言えるでしょう。
 
 映像的豪快さとアイデア性のバランスを保つために

 奮闘する暗殺描写と

 暇つぶし作品的サービス精神&ヒーロー主義が並び立つ本作と

 生きて映画を観ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック